記事一覧

今やランチで気軽に食べられる「カキ」

「カキ=高級な貝類」ですが、浜焼太郎阿佐ヶ谷店では気軽に食べる事が出来ます。ランチにも、夕食にもおすすめの美味しい貝です。

カキは主に養殖で獲られます。日本ではカキの養殖が盛んで、2015年の漁獲量は16万tと、世界でもトップクラスです。特に広島は全国でのカキ漁獲量の60%以上を占めています。地元ではカキを使用した料理が多く食べられます。

カキを利用した料理は、カキを揚げたカキフライや網で焼いて食べるなと、様々な食べ方があります。ランチに適した料理から夜にビールのおつまみとして最適な料理まで、多くあります。 栄養素が非常に豊富なカキは「海のミルク」とも呼ばれ、体にも良いです。美味しいだけでは無く、栄養も摂取する事が出来るのでまさに一石二鳥の貝です。

このように日本人に馴染みの深いカキですが、その歴史はかなり長いです。カキは古代ローマ時代から食べられており、養殖もされていました。ナポレオンなどの有名な人物もカキの愛好家で、世界中でカキは親しまれていたのです。

日本では縄文時代から食用とされており、現代では多くの貝塚からカキの殻が発見されています。室町時代には既に養殖が開始されており、日本でもかなり昔からカキは親しまれる貝でした。日本では調理して食べるのが一般的でしたが、明治時代になると生で食べるようになります。海外ではカキを生で食べる習慣もありました。明治時代に欧米文化が大量に取り入られた際、カキも海外にならって生で食べていたのです。

このように、カキは奥が深い貝の一つです。浜焼太郎阿佐ヶ谷店では、ランチなどでカキを気軽に召し上がっていただくことが出来ます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP